着物・振袖買取口コミ人気ランキング

口コミで人気を集めている振袖買取店が分かる!

着物の反物やはぎれでも買取してもらえる?

仕立てた状態の着物だけでなく、反物やはぎれの状態であっても着物買取に出すことができます。買取してもらえる着物の種類を、注意点とともにまとめてみました。

反物やはぎれもOK!着物買取なら余すことなく全部買取れる

仕立て前の反物は1本でも買取可能

着物買取と聞くと、仕立て済みの着物の買取というイメージが強いですが、実は仕立てる前の着物生地である反物も買取してもらうことができます。

一般的な反物は、長さが12~13mほどあり、身長180cm程度の方までの着物を仕立てることができます。

既製品の着物とは異なり、反物は自分にピッタリのサイズで着物を仕立てることができるため、中古品でも買い手がつきやすいとあって、着物買取でも需要があります。

反物はすぐに着用できるわけではないので、仕立てた着物よりは買取価格が若干下がりますが、正絹で状態の良い反物であれば、ある程度の価格が見込めますので、不要な反物を持っている場合は着物・振袖買取に出してみましょう。

反物の買取は1本からでも査定ができますので、他に買取ってほしい着物がなくても、気軽に申し込みができます。

着物や振袖のはぎれはまとめて買取へ

仕立てで余った反物や、仕立て直しで余った着物をはぎれとして保管されている方が意外と多いものです。

はぎれはその名の通り、着物の切れ端ですから、なかなか使う用途がなくずっとしまい込んでいる方がほとんどです。

着物や振袖の買取では、このような使い道のない着物のはぎれも一緒に買取ってもらえることがあります。

実は、着物のはぎれは手芸の素材として使われたり、端切れを使って小銭入れ、針山、ポーチ・きんちゃく、ヘアアクセサリーなどにリメイクすることができます。

着物のはぎれを使って作られた和小物は、日本人だけでなく海外の観光客からも人気が高く、実は買い手が潜んでいるもので、着物買取でも取り扱えるお店が増えてきました。

ただし、着物のはぎれは少数だと値段がつけにくいため、着物や反物の買取をする時にはぎれを何十枚かまとめて査定に出すようにしましょう。

実はこんなものまで売れる便利な着物・振袖買取

反物や着物のはぎれの他にも、あまり知られていなけれど実は買取できる小物がたくさんあります。

買取店によって取り扱う小物の範囲が異なりますので、公式サイトで確認をしたり、申し込み時に問い合わせをして確認しておきましょう。

着物の下に使う小物

着物の下には着付け用の様々な小物が必要になりますが、長襦袢、腰紐、コーリンベルト、帯枕、半襟などの小物も買取をしてもらうことができます。

和装用の下着は、新品・未着用であれば買取できるというお店が多く、着用済みの場合は買取不可となることがほとんどです。

着物の飾りとなる小物

帯締め、帯揚げ、帯留め、伊達襟といった着物の装飾として使われる小物も、着物買取で査定に出してもらうことができます。

購入時の単価が高いものではありませんので、着物や反物と合わせて買取査定に出しましょう。

着物着用時に使う小物

足袋、草履、バッグ、きんちゃく、かんざし、扇子など、和装をした時に使用する小物も買取が可能です。

特に足袋や草履などの足元の小物は、汚れや傷がつきやすいため、状態の良し悪しを見てから査定に出すようにしてください。

その他の和装小物

着物用ハンガーをはじめ、風呂敷、袱紗など、一見すると売れなさそうな小物でも、実は買取ってもらうことができます。

あまり高い値段にはなりませんが、査定に出せば出すだけベースアップを見込めますので、不要なものがあれば一緒に買取ってもらうのがおすすめです。

↑PAGE TOP