着物・振袖買取口コミ人気ランキング

口コミで人気を集めている振袖買取店が分かる!

振袖は柄で買取額が変わる!?

振袖はその時の人気や流行によって買取金額が変わるため、柄によっても査定が左右されます。そこで今どのような振袖が人気なのか、買取店の裏事情を調査してみました。

今人気の振袖の柄は?

若い世代に再流行中「レトロ柄」

50~60代以上の世代の時代に人気のあった古典的な柄は、最近若者を中心にレトロ柄としてブームが再燃しています。

時代を問わず長く人気を集めてきましたが、より注目を浴びるようになり、振袖買取でも高価買取につながりやすい柄です。

昔作られたレトロ柄であっても、最近作られたレトロ柄であっても振袖買取では高評価ですが、タンスの中に長く眠っていた振袖は劣化している可能性も高いため、着物自体の状態が良ければ高価買取が期待できます。

意外と高価買取が期待できない「現代柄」

花や蝶を大きく描き、現代的な華やかさを描いている現代柄の振袖は、意外と振袖買取では人気がありません。

若い女性には非常に支持されており、着用している方も多いですが、こういった現代柄の着物は流行り廃りが早いため、長く愛用されないという認識があるため、高価買取につながりにくいのです。

実際に、現代柄が注目された当初はその振袖が一気に売れましたが、現在ではレトロ柄の良さが再認識されてきていることから、現代柄を求める女性は徐々に少なくなっています。

また、中古の振袖をはじめとする着物は日本文化を愛する外国人にも人気がありますが、外国人の方の場合は古き良き日本のレトロ柄を買い求める方が圧倒的に多く、現代柄はあまり需要がありません。

レトロ柄は人気でもレトロ色は人気なし!

振袖の買取で人気を集めているレトロ柄ですが、高価買取を狙う際には気を付けておきたいことがあります。

それは、振袖の「色使い」です。

昭和以前に作られた振袖の色は、現代のようなハッキリとした色彩ではなく、少しくすんだ色味の振袖なども多くあります。

大正ロマンの色柄が若者の間でも人気になってきていますが、デザインを模した最新作は人気があるものの、しっかりと色味が出ていない着物はあまり好まれない風潮にあります。

こういった色使いは現代ではあまり好まれず、買い手が付きにくいことから、現代柄と同じくしてあまり買取では人気がありません。

また、古い振袖は経年劣化によって色があせてしまい、ぼやけた色使いになってしまいます。

多少の色褪せは古典柄に深みを与えますが、色褪せが重度になってくると振袖としての価値は低下してしまうため、高価買取が望めなくなってしまいます。

何年も前に作った振袖を売る場合には、すぐに着物の劣化の度合いを確認し、なるべく早く振袖買取を利用しましょう。

↑PAGE TOP